草刈民代

カテゴリ:草刈民代 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草刈民代のお宝おっぱい

photo_2.jpg

草刈民代、『終の信託』で「踊った後と同じような爽快感を感じた」
草刈民代の強みは、一流のバレリーナから女優に転身したというキャリアにある。『終の信託(ついのしんたく)』(公開中)を見てそう実感した。なぜなら、長年ライブの世界で勝負をしてきた彼女の集中力は、群を抜いて秀でているからだ。公私共にパートナーである周防正行監督は、そんな彼女の武器を最大限に引き出せる勝負作を用意した。草刈にインタビューし、その舞台裏について語ってもらった。

彼女が演じたのは、呼吸器内科医の折井綾乃役。同僚の医師との不倫に傷つくなかで、彼女は自分が担当するぜんそくの患者・江木秦三(役所広司)に安らぎを感じていく。やがて、迫り来る死期を感じ取った江木は、綾乃に「最期の時は早く楽にしてほしい」と懇願する。

草刈が最初に朔立木の原作小説を読んだ時の感想はこうだ。「愛する人とうまくいかないという思いを抱えながら、ひたすら仕事に邁進する綾乃の孤独感や使命感など、いろんなものが小説に書かれていて、生きることの切なさみたいなものを強く感じました。そして出演が決まった時、この役を演じるのはすごく大変なんじゃないかとも思いました」。







スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

草刈民代のお宝おっぱい

photo.jpg

周防正行監督、妻・草刈民代に「終の信託」するも忘れられる
周防正行監督の最新作「終の信託」が10月27日、全国264スクリーンで公開され、周防監督をはじめ主演の草刈民代、役所広司、大沢たかお、浅野忠信、細田よしひこが東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇3で舞台挨拶に立った。草刈は、「この作品を演じきったことが女優としてのスタートになった。これからも頑張ります」と清々しい面持ちで語った。
 現役弁護士・朔立木氏の同名小説が原作の今作は、映画賞レースの先陣を切る第36回山路ふみ子映画賞の受賞が決定したばかり。終末医療の現場を舞台に、ある重病患者(役所)からの“信託”を受けたエリート女性医師(草刈)が下した決断と、それを殺人罪とみなす検事の攻防を描くヒューマンサスペンスだ。

 「Shall we ダンス?」以来16年ぶりに草刈と共演を果たした役所は、「再び草刈さんに思いを寄せる役。自分が亡くなった後、草刈さんが大沢君に責められるのを見て『しまった、しまった、島倉千代子! 大変なことを頼んでしまった』と思った」と話し、場内は大盛り上がり。検事役の大沢は、「好感度が心配です。僕も俳優として頑張っていく」と苦笑いを浮かべていた。

 周防監督は、妻でもある草刈に「終の信託」をしたことを明かした。「妻にさらりと言ったのですが、ある上映会の後の舞台挨拶で『聞いていない』と言われてしまいました」。草刈は、「ちゃんと聞いたら『ああ、言っていた』と思い出しました。今はちゃんと心に留めております」とニッコリ。すかさず、役所が「夫の『終の信託』を忘れるほど男らしいということです」と絶妙なフォローをしていた。

 また、2日後の29日が周防監督の56歳の誕生日ということで、イチゴ200個、重さ10キロの特製ケーキがサプライズで用意された。はにかむ周防監督は、初日に駆けつけた観客を壇上から持参したカメラで撮影し、深々と頭を下げていた。
X-Galleryはこちら!



オフライン中でも稼げる!あなたが外で遊んでる間にもモンロー世界があなたの物に!






草刈民代のお宝おっぱい

f13c46bb-ab96-4f8b-93ca-432fb39b3aac_n.jpg

ボンデージに女医ヌード…芸能界一の美魔女・草刈民代のエロ化が止まらない
現在放送中の『眠れる森の熟女』(NHK)でドラマ初主演を飾っている女優の草刈民代。年下男に溺れる等身大の主婦を演じており、10月30日の最終回に向けて、一部で“魔性の騎乗位SEX”と伝えられた激しい濡れ場も期待されている。草刈といえば、3年前にバレリーナを引退、女優に転向した際に写真集『BALLERINE』(幻冬舎)で、アスリートさながらに鍛え上げたヌードを披露。そのボディと脱ぎっぷりで世間をアッと言わせた。

 そんな草刈が、今度はスクリーンで大胆なフルヌードを見せてくれるようだ。10月27日から公開される映画『終の信託』である。今作は、終末医療をテーマにした朔立木の同名小説の映画化で、監督を務めるのは夫の周防正行。11日発売の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)には、その濡れ場の詳細が伝えられている。草刈が演じるのは独身のエリート医師で、浅野忠信演じる年下で妻帯者の同僚医師と不倫に堕ちている。密会場所は院内の一室。ベッド上で浅野と正常位で交わり、激しい“突き上げ”を受け止めてベッドの柵を握りしめのけぞる……といった内容だ。

「いかに劇中の出来事とはいえ、夫の目の前で不倫愛のベッドシーンをやりきったわけですからね。完成披露試写会では『自分のことだけ考えていたので、夫の存在はまったく邪魔にならなかった』と答えているように、この堂々たる脱ぎっぷりはあっぱれです。この2人は映画界きってのオシドリ夫婦としても有名で、監督の方がベタぼれしているのも知られているところ。大好きな妻の体は当然美しく撮っているというわけで、このシーンは期待できると思いますよ」(芸能ライター)

 その一方で、11月発売の写真集「INTRINSIC」(ワニブックス)ではボンデージファッションに挑戦している。バストトップが浮き出る黒のラバースーツ姿でムチを持つ“女王様然”とした姿には、草刈自身も「大胆かつ過激な写真集になりました」とコメントするなど、エロ路線を突っ走っているようにも見える。





草刈民代のお宝おっぱい

03-20_0087_f.jpgent12101108450003-p2.jpg

草刈民代が“大人のエロス”全開 
2nd写真集でボンデージ姿披露

女優の草刈民代(47)が、バレリーナ人生の集大成を表現した写真集『BALLERINE』以来、約2年半ぶりの2nd写真集『INTRINSIC』(ワニ・プラス刊)を11月7日に発売する。前作で一糸まとわぬ姿などを披露した草刈は今回、「ボンデージ」をテーマの1つに「INTRINSIC(本質的)」な部分を大胆かつ妖美に表現。「踊っていた時には、発揮していなかった個性が表れていると思います」という自信作に仕上がっている。

 2009年にバレリーナ人生に幕を引き、女優としてさまざまな活動を展開している草刈が、再び刺激的なカットに挑戦。多くの女性誌でカバーを手掛けている下村一喜氏をカメラマンに迎え、撮影した写真は実に4000枚。草刈が「自然の宝庫」と語る鹿児島・志布志市をロケ地に選び、「作品を通して、私のいろいろな側面が表現されていると思います」と、こだわりぬいた1冊になった。

 官能的なボンデージファッションに身を包み、鋭い眼差しを向ける草刈。バレリーナ時代と変わらぬ肉体美を惜しげもなく解き放ち、表現の追求においても「大胆な写真が取れました」と自負。「今までの経験が土台になって創れたものだと思います。年令を重ねることの意味が伝わると嬉しいです」と期待を込めている。

 また、夫で映画監督の周防正行氏が撮影したメイキング映像も同梱。草刈を公私共に支える周防監督ならではの目線で、草刈のさまざまな面を捉えている。


お宝おっぱい画像集
X-Galleryはこちら!

X-Galleryはこちら!




X-Galleryはこちら!

草刈民代 のお宝おっぱい

1201271.jpg20100716_106532.jpg

本名
周防 民代(すお たみよ)[1]
旧姓:草刈
生年月日
1965年5月10日(47歳)
出生地
東京都新宿区
国籍
日本
民族
日本人
身長
168cm
職業
女優、元バレリーナ
ジャンル
テレビドラマ、映画、舞台、バラエティ
活動期間
1973年 -
配偶者
周防正行(1997年 - )




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。