麻生 祐未

カテゴリ:麻生 祐未 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生祐未のお宝おっぱい

img9400416313388.jpg

麻生祐未/春日局役 大奥 ~誕生~[有功・家光篇] キャスト・出演者一覧まとめ
家光の乳母で、大奥総取締。家光の死後、息子の正勝を死んだことにし、匿っていた家光の娘を呼び寄せ、男子として育てる。血を絶やさないよう、家光に有功をはじめとする美形の男子を次々とあてがう。
2010年10月に公開された映画『大奥』の続編プロジェクトとして『大奥~誕生[有功・家光篇]』を10月期の金曜ドラマでお送りいたします。
漫画家よしながふみによる原作『大奥』は、手塚治虫文化賞マンガ大賞・講談社漫画大賞など各賞を総なめにし、累計発行部数300万部を突破して現在も大人気連載中の作品。
将軍・家光の時代、疫病のために男子の人口が激減し、「将軍は女、仕えるのは美男3000人」の“男女逆転大奥”が誕生する…という奇想天外で壮大なスケールの物語が始まります。

前作の映画は、すでに男女逆転の世の中が当たり前となっている八代将軍・吉宗の時代を描いたものでしたが、今回の連続ドラマはさらに時代を遡り、三代将軍・家光の時代を舞台とする、内容的には“エピソードゼロ”と言うべき物語。







スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

麻生祐未のお宝おっぱい

img4a1a9e78zik8zj.jpg
4.png

麻生祐未 失楽園でのラブシーンが激しい このラブシーンは見逃せない!
麻生祐未が強烈な濡れ場を披露した、
話題の映画「真実の失楽園」。

鹿児島の旅館で、
その問題のシーンが撮影されたが・・・。

画像を見る限り、
凄いですね・・・
さっそく、
この映画観たいと思います。
X-Galleryはこちら!



オフライン中でも稼げる!あなたが外で遊んでる間にもモンロー世界があなたの物に!










麻生祐未のお宝おっぱい

imageCAZVOOPB.jpg

麻生祐未と永沢俊矢、離婚済み
女優・麻生祐未(44)と俳優・永澤俊矢(47)が既に離婚していることがわかった。27日発売の「週刊女性」によると、昨年6月頃に離婚したという。麻生祐未と永澤俊矢の間には、4歳になる長男がいるが、親権は麻生が持ち、慰謝料はないそうだ。
麻生祐未と永沢俊矢の出会いは、2001年のNHK朝の連続テレビ小説「ほんまもん」。和歌山を舞台にした「ほんまもん」は、池脇千鶴が主演し、主人公が料理人を目指して奮闘するドラマだ。麻生祐未と永沢俊矢は、同ドラマで夫婦役、そして、主人公の同僚として共演していた。

麻生祐未と永沢俊矢は、夫婦役からそのまま交際に発展。3年の交際を経て、2004年3月に結婚したが、当時、麻生祐未は妊娠6ヶ月のいわゆる、でき婚であった。同年7月に麻生祐未は39歳で長男を出産し、幸せな家庭生活を築いていると思われていた。

しかし、麻生祐未と永沢俊矢の結婚生活は実質2年足らずで、3年ほど前から既に別居していたという。子供が生まれた翌年に夫の永沢俊矢が大阪で若い女性とデートしていたという不倫報道がされていた。このころから、ふたりの関係にヒビが入っていたのか?

麻生祐未は、青山学院大学在学中に、1985年カネボウ化粧品夏のキャンペーンガールでデビュー。山口百恵や夏目雅子の再来といわれブレイクした。当時の女子大生ブームの波に乗り、フジテレビの深夜番組『オールナイトフジ』の司会も務めた。その後、TBS『男女7人秋物語』、NHK大河ドラマ『武田信玄』など話題作に出演し、女優として活躍している。

永澤俊矢は、高校卒業後、美容師見習いを経て、渡米。三宅一生のモデルとして活躍したのち、宮沢りえ主演の映画『豪姫』で、豪姫の恋人役で俳優としてデビュー。大役にも物怖じしない度胸の良さが評価され、1993年第16回日本アカデミー賞の新人俳優賞に選ばれている。この年の新人俳優賞には他に、内村光良、南原清隆、豊川悦司、保坂尚輝らが選ばれている。
麻生祐未さんと永沢俊矢さん、子供が出来ていなかったら結婚していなかったのかなぁ。麻生祐未さんて、独身時代もあまり浮いた話がなかったように思います。結婚や恋愛に縁がなさそうな感じで。ふたりのそれぞれのイメージでは、合っているという感じでもなかったので、結婚発表があったときは、麻生祐未さん30代になって結婚に焦ってたのかなと思ったものでした。麻生祐未さん、NHKのドラマ「感染爆発」でもがんばっているし、本人同士の間では、去年でケジメをつけて、もう心の切り替えは出来ているのでしょうね。






麻生祐未のお宝おっぱい

152719-df5b43-480-640-1234818341000.jpg
来歴・人物

大阪府泉佐野市生まれ。実際に未成年時代に長崎県に居住していた経験があるが、プロフィール上の「長崎県出身」というのはかつて事務所から指示されたもので、2011年11月17日に放送された『スタジオパークからこんにちは』では、自身は大阪府出身と自覚しており、両親も大阪弁を話すと述べた。

大学在学中の1984年に映画『あいつとララバイ』でデビュー。翌1985年にカネボウ水着キャンペーンガールに採用される。当初はグラビアを飾るモデルとして活躍。当時は均整の取れたプロポーションの持ち主で、山口百恵や夏目雅子の再来と言われるほどの美貌で人気を博した。

1984年にはバラエティ番組『オールナイトフジ』の司会を務めた。テレビドラマでは『武蔵坊弁慶』や『男女7人秋物語』、『アナウンサーぷっつん物語』などに出演し、役者としても認知されるようになる。1988年のトレンディドラマ『君が嘘をついた』では鈴木保奈美、工藤静香らを脇に配してヒロインを務め、翌1989年には人気シリーズの一作『教師びんびん物語II』でもヒロインを演じるなど、1980年代末から1990年代初頭にかけては主演女優として活躍した。その後は『愛していると言ってくれ』や『税務調査官・窓際太郎の事件簿』などへの出演で、バイプレーヤーとしての地位を確立する。

2004年3月、『ほんまもん』で共演した永澤俊矢と結婚、同時に妊娠6か月であることも発表された。同年7月6日に男児を出産、当時39歳での高齢出産であったことから話題になったが、2008年6月頃に離婚した。長男の親権は麻生が持った。


お宝おっぱい画像集
X-Galleryはこちら!

X-Galleryはこちら!




X-Galleryはこちら!

麻生 祐未のお宝おっぱい

5af3e84a49a7a1139a46b835c4be2474.jpg

本名
奥村 由美
別名
旧芸名:樹 由美子
生年月日
1963年8月15日(49歳)
出生地
日本・大阪府
血液型
O型
職業
女優
ジャンル
テレビドラマ・映画
活動期間
1985年 -
活動内容
1984年:芸能界デビュー
1985年:カネボウキャンペーンガール選出
配偶者
永澤俊矢
(2004年~2008年)
家族
叔母:奥村チヨ
長男:非公開

公式サイト
イザワオフィス・麻生祐未









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。