多岐川華子

カテゴリ:多岐川華子 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多岐川華子のお宝おっぱい

nHnJsXG8Ojhdtr8g7BxV2Vi1o1_500.jpg
2世タレント夫妻の俳優、仁科克基(29)と女優、多岐川華子(23)が離婚することが23日、分かった。複数の関係者の話を総合すると2人はすでに別居。それぞれの母親で女優の仁科亜季子(59)、多岐川裕美(61)を含めた両家で話し合い、弁護士を立てて離婚協議をスタートさせたという。原因は性格の不一致とすれ違い生活。昨年1月のグアム挙式から2年たたず、結婚生活はピリオドを打つことになった。(サンケイスポーツ)

とうとう噂の2世夫婦が離婚しますね~~ この手の話題は個人的に大好きなんですが、双方の母親である多岐川裕美VS仁科亜希子の対決も見ものですよね!

現時点では多岐川側は仁科克基の浮気と言い放ち、仁科側は多岐川華子に好きな男性ができたとのたまっている。本人たちだけではおさまりそうもないですね~~~
華子父の阿知波信介は三回結婚しており、 多岐川裕美で二度目の結婚(不倫略奪婚)。 最初の奥さんとの間にも子供はいたらしいが詳細は不明。 ちなみに多岐川裕美ともこの夫側の不倫が原因で離婚し、 不倫相手の若い女性と三度目の結婚をした。 自殺後、喪主になったのはこの三度目の妻。







スポンサーサイト
[PR]

多岐川華子のお宝おっぱい

img_274859_11732719_0.jpg
bx_yumi_takigawa002.jpg
母:多岐川裕美と娘:多岐川華子のお宝おっぱい

親ばかな母親同士の代理バトルに!多岐川華子も仁科克基も浮気疑惑ありで、お互いに「慰謝料をとれ!」
24日に離婚に向けて協議中であることが明らかになった、二世タレント夫婦の多岐川華子さんと仁科克基さん。
6月15日にテレビで愛の巣が公開された時には既に夫婦間の亀裂は修復できないものになっており、現在は双方の母親である、多岐川裕美さん、仁科亜季子さんも交えてお互いの異性関係を指摘し、「慰謝料をとれ!」と激しい争いが始まっているとか…
女性セブンの取材の結果、華子さんの男性関係はまったく浮上せず、代わりに克基さんが毎日のように飲み歩き、女性を口説いては“嫁がおらんから、家に来いへん?”と誘いまくっているという情報があったようです。

実際、記事には克基さんの車に女性が乗り込む写真と、その女性が自宅へ泊まる様子がありました。
華子さんは克基くんの女癖の悪さにとっくに気づいていました。一年が我慢の限界だったんですね。当然、多岐川さんもそれを知っているから、“あっちには女がいる”といって、逆に慰謝料をもらうつもりだと思いますよ。夫婦よりも、母同士の激突になっていますね」
X-Galleryはこちら!



オフライン中でも稼げる!あなたが外で遊んでる間にもモンロー世界があなたの物に!






多岐川華子 踊る!さんま御殿でパンチラ放送事故

201210252009544des.jpg

多岐川華子 踊る!さんま御殿でマン毛が透けてる純白レースのパンツが丸見えパンチラ放送事故

多岐川華子のお宝おっぱい

2514216446_80ee5b72aa.jpg

仁科克基・多岐川華子 1億円の元“愛の巣”差し押さえられた
ふたりが交際を始めたきっかけは、双方の母親が舞台で共演していたからだった。若すぎる結婚に彼女の母親が反対すれば、彼は自分の母親を同伴して説得にあたった。

 そして、わずか1年3か月で結婚生活は破綻。離婚協議の席には、双方の母親も同席しているという。

 本誌が、仁科亜季子(59才)の長男・克基(30才)と、多岐川裕美(61才)の長女・華子(24才)が、そんな泥沼の離婚劇を繰り広げているのをお伝えしたのは7月のことだった。
「慰謝料についてモメていて、ふたりはもちろん、それぞれの母親がどちらも“絶対許さない”と譲る気がないみたいで…。

 克基くんの主張では、華子さんが“好きな人ができたから”と切り出したことで夫婦仲が破綻したというんですけど、華子さんにしてみれば、新婚当初から女遊びをやめなかった克基くんのせいなんです。今も克基くんは毎日のように飲み歩いて、店で一緒になった女の子を口説いているようですよ」(夫妻を知る人)

 都内に35年ローンで購入したおよそ1億円の一戸建てが、克基と華子の“愛の巣”だったが、7月に華子がそこを出て実家に帰る形で別居がスタート。





多岐川華子のお宝おっぱい

4a8c0216791df_n.jpg

仁科克基、多岐川華子との離婚成立!「人として大好きです」
2世タレント夫婦の俳優、仁科克基(30)と女優、多岐川華子(24)の協議離婚が成立したことが分かった。2人はの連名の書面で「今後はそれぞれの道を歩むことになりましたが、二人で話し合って出した結論です」などと綴った。
 多岐川の所属事務所によると、仁科側から署名捺印された離婚届が送付され、22日に多岐川の弁護士が都内の区役所に提出。1年9カ月の結婚生活にピリオドを打った。財産分与については「双方の弁護士の話し合いで決着しているが公表しない」と説明した。

 2人は昨年1月11日に結婚したが、互いに仕事が忙しくすれ違い生活が続き、性格の不一致もあって華子が家を飛び出す形で別居状態に。7月に両家で話し合い、離婚の方向で合意。その後は弁護士を立てての話し合いが行われてきた。

 仁科は23日、東京・笹塚ファクトリーで24日に開幕する舞台「爾汝の社・萬来」のけいこに参加。終了後、報道陣の取材に応じ、「離婚理由は言えません」と口をつぐんだ。ただ、結婚生活については「楽しかったです」と振り返り、華子についても「人として大好きです」と答えた。


お宝おっぱい画像集
X-Galleryはこちら!

X-Galleryはこちら!




X-Galleryはこちら!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。