真木よう子

カテゴリ:真木よう子 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真木よう子。「ベロニカは死ぬことにした」以来の官能的かつ大胆なヌード

makiyokoimg20080901_5_p.jpg
maki_yoko.jpg
真木よう子の巨乳画像

女優の真木よう子が、芥川賞作家・吉田修一氏の長編小説を大森立嗣監督が映画化する「さよなら渓谷」で、約7年ぶりの単独主演を務めることがわかった。「ベロニカは死ぬことにした」以来の“座長”となる真木は主人公・かな子に扮し、憎しみと愛情の狭間で揺れ動く女性の心理を、官能的かつ大胆な演技で体現する。

残酷すぎる過去が結んだ男女の“罪”と“償い”を通して、極限の愛と絆を問う今作は、緑豊かな渓谷で幼児殺害事件が発生したところから始まる。実母の立花里美が容疑者として逮捕されるが、隣家で暮らす尾崎俊介が里美と不倫関係にあったという疑惑が浮上。その証言をしたのは、俊介の内縁の妻・かな子(真木)だった。

取材を続ける週刊誌記者の渡辺は事件を調べていくうちに、俊介が15年前のレイプ事件に関与していたことをつかむ。さらに夫婦の過去を探ると、事件の被害者は加害者である俊介と暮らすかな子だという事実を目の当たりにする。絶対にありえない組み合わせであるふたりが、なぜ一緒に暮らしているのか。長い歳月を経て、ふたりを結びつけた真実の先にあるものが何なのかに迫る。

真木は、「今まで演じてきたなかで最も困難な役で、私がもう少し若かったら私自身の精神が崩れていたと思うぐらいの難しい役」と言及。それでも「大森組のスタッフ、共演者に囲まれて幸せだと思えたのは、そこに絶大な信頼があったからです。大森さんのような監督、スタッフチームがあるから、私はきっと一生、役者をやめられないのだろうと思いました」と全幅の信頼を寄せていることがうかがえるコメントを寄せた。

メガホンをとる大森監督は、真木について「心、技、体、全てを兼ね備えた女優だと思いました。現場を進めていくうちに、そう思った自分は間違っていなかったと思いました」と称賛。だからこそ、「真木さんの代表作になると思います。この作品と真木さんの演技は、深く長く観客の心に残るようになればと思っています」と手ごたえをつかんでいる様子だ。

また、俊介に扮するのは、故若松孝二監督作「キャタピラー」で四肢を失った帰還兵役での熱演が記憶に新しい大西信満。週刊誌記者・渡辺を大森南朋が演じており、大森監督とは「まほろ駅前多田便利軒」以来の兄弟タッグが実現した。さらに、鈴木杏も出演している。製作サイドは、演技派が顔をそろえた今作で来年5月に開幕するカンヌ映画祭への出品を目指すという。

「さよなら渓谷」(sayonarakeikoku.com)は、2013年に全国で公開。

スポンサーサイト
[PR]

真木よう子のお宝おっぱい

tc3_search_naver_jp.jpg

いま、テレビマンの間で注目の2人といえば、常盤貴子(40)と真木よう子(29)。3カ月に一度更新される“共演NGリスト”のトップに名前を連ねた。2人が“犬猿の仲”であるという烙印を押されたようなもので、このNGリストは絶大な威力を発揮するという。
 「以前、NGリストに掲載されていた某女優同士をブッキングしようとしてクビが飛んだ局プロデューサーがいた。NGリストに掲載されるのは、昔付き合っていた、恋人を寝取られた、喧嘩したなど理由は人それぞれ。いずれにせよ、シャレでは済まない」(ドラマ制作会社ディレクター)

 もっとも今回、常盤と真木がNGリスト入りした理由は、察しが付く。すべては常盤の夫で舞台演出家の長塚圭史と真木に不倫疑惑が浮上したからだ。
 「真木は長塚が演出を担当する舞台『南部高速道路』でヒロインを演じていた。打ち上げの2次会で真木はベロンベロンに酔っぱらってしまった。一人では、まっすぐに立っていられない状態。目をトロンとさせ、長身の長塚に終始身を任せていたそうです。そして、そのまま夜の闇に2人が消えてしまったんです。その決定的瞬間を写真誌フライデーが報じた」(テレビ関係者)

 この一報を知り、大激怒したのが常盤だった。実は、長塚には多くの“前科”があったのだ。
 「舞台で共演、あるいは演出をした女優にちょっかいを出すんです。気に入ると周囲が見えなくなるくらい追いかけて口説いてしまう。実は常盤自身もそうだった。以前も舞台で演出を担当した永作博美や倉科カナなどを熱心に誘っていた。その度に喧嘩になる。今回も常盤は『真木に文句を言いに行く』というほど怒っていた」(業界事情通)

 結局、常盤は荷物をまとめ実家に帰ってしまったというから事態は深刻。一方、長塚とのツーショット写真を撮られた真木も夫婦仲は怪しいようだ。
 「4年前に一般男性とできちゃった婚で子供が一人いる。真木は雑誌のインタビューなどで夫婦仲がいいことを強調するが、最近はすれ違いばかりで、実際は破綻しているような状態らしい。ドラマや舞台、映画などが入ると1~2カ月間、自宅に帰って来ない。その間、子供の面倒は全部夫が見ている。亀裂が入らない方が不思議です」(芸能レポーター)

 W不倫に続いてW離婚劇なんていう幕引きもある?

X-Galleryはこちら!



オフライン中でも稼げる!あなたが外で遊んでる間にもモンロー世界があなたの物に!







真木よう子のお宝おっぱい

41JHDO+EYML__SX200_.jpg

中谷美紀か? 真木よう子か? 年上美女との共同生活はいかに
 ジャパンゲートウェイのボディーソープ「メルサボン」の新CMに、女優の中谷美紀と真木よう子、若手俳優の浅利陽介が出演している。しっとりとした大人の雰囲気が漂う中谷と、ボーイッシュな真木という、タイプの異なる2人の年上美女に翻弄される大学生を浅利が好演。3人の謎に満ちた共同生活が、話題となっている。

 舞台は静けさに包まれたシェアハウス。中谷演じる「ミキさん」はここのオーナーで、ご近所では「資産家の両親から譲り受けた」との噂も…。

 最近、シェアハウスに住み始めたのが、真木演じる「ヨウコさん」と浅利演じる「ヨースケくん」だ。

 ヨウコさんは近くで働くちょっと勝ち気な女性。一方、ヨースケくんはバイクで放浪するのが趣味。ミキさんを手伝いながら、次の旅の資金をためているという設定だ。

 放映中の3シリーズのうち、「準備ということ」編は、テラスで読書をしていたミキさんが、ヨースケくんに「ヨースケさん、せっけんって漢字で書けます?」と尋ねるところから始まる。

 2人きりのシチュエーションで、ヨースケくんがミキさんの手のひらに触れようとした瞬間、突然ヨウコさんが窓から身を乗り出し、「ヨースケ、風呂沸いたよー」と呼びかける。驚いたヨースケくんは手を引っ込め、見ているこちらもドキドキしてしまう。

 個性派俳優の3人による絶妙な掛け合いに、思わず引き込まれそうになる仕上がりだ。

真木よう子のお宝おっぱい

20080317171730.jpg

人物

身長160cm。バストサイズは以前から非公表。一部週刊誌はGカップと推定している。

小学生の頃3ヵ月間空手を習っていた。中学時代は陸上部に所属。特技は陸上とワイヤーアクションである。『Do Androids Dream of Electric Santa?』(ショートムービー)では、ワイヤーアクションの技を披露している。

ルックスとは裏腹に性格は完全に本人曰く「男兄弟の中で育ったせいか、男っぽい」「男(オス)」と自認している。その性格を表すエピソードとして、映画『ゆれる』のオーディションにて控え室で待っていると若くて可愛い子が入ってきたので「来やがったな、この野郎!」と睨みつけたら監督の西川美和だったというものがある。大久保佳代子からは真木の印象について「近寄りがたい雰囲気はあるが、実はとてもチャーミング」と語られている。

大塚愛とは同い年ということもあり、『東京フレンズ』で共演して以来大の仲良しである。2007年の『Music Lovers』には大塚愛のゲストラバーズとして出演している。漫画家うすた京介のファン。『hon-nin』vol.07では真木からのリクエストにより、うすたとの対談が実現した。映画『ピューと吹く!ジャガー 〜いま、吹きにゆきます〜』に出演した縁で、漫画版『ジャガー』第359笛(単行本第17巻に収録)に題字と挿絵を寄稿している。

好きな食べ物は、ピータン豆腐、シュリンプカクテル、オリーブ。嫌いな食べ物は、カキフライ。真木の母親は料理上手だがカキフライだけは全く美味しくなく、それから嫌いになったと語っている。

映画『SP 野望編』の現場でエキストラにお礼を言う時、マイクを持ちながら10秒ほど黙って、エキストラを睨むように見渡すと「女のカッコイイ時代を作りましょう。ヨロシク」と言い、共演した岡田准一たちは「カッケェ!!永ちゃん!!」と叫んだ。

大のマンガ好き。小学5年の時に、兄が読んでいたケンカマンガ『ろくでなしブルース』などを読んでいた。





真木よう子のお宝おっぱい

tc4_search_naver_jp.jpg

来歴

4人兄弟で唯一の娘。兄、2人の弟に囲まれた男兄弟の中で育つ。
小学生2年生の時に安達祐実主演の『REX 恐竜物語』を鑑賞し、同世代の安達が活躍しているのを見て、芸能界に入りたいと強く思った。中学3年生の時に両親に芸能界入りを相談したところ、父から猛反対を受けた。どうしても女優になりたかった真木は「(女優になるのを反対するなら)援助交際してやる!!」と父を脅し、芸能界入りの許可を貰った。
中学卒業後の1998年、仲代達矢主宰の無名塾に入塾、同期に滝藤賢一、内浦純一がいる。翌1999年、無名塾公演『どん底』で重要な役どころであるナターシャ役に大抜擢され、半年間の旅公演にも回った。仲代は『どん底』パンフレットの中で、その才能を絶賛していた。しかし、合宿で日課となっている持久走を早い時間に済ませて先に集合場所で待っていたため、それを見た仲代が大激怒。真木は逆に仲代に怒り返したことから、結局そのまま退塾・帰京。その合宿以来、仲代とは挨拶もしていないという。

2003年のオムニバス写真集『LIP』で水着姿を初披露。水着のグラビアはこの時と『月刊真木よう子』のみである。2005年に撮影した映画『ベロニカは死ぬことにした』で初めてヌードシーンに挑戦しバストトップを露にした。2007年発売の写真集『月刊真木よう子』ではセミヌードを披露している。

2006年11月、『ゆれる』で 第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞受賞。



お宝おっぱい画像集
X-Galleryはこちら!

X-Galleryはこちら!




X-Galleryはこちら!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。